ph_top_jirei.jpg

課題解決事例

工程材料

CASE 1

版の「液溜まり」を効率よく改善し生産性向上

プリント基板画像
プロセスタ帯電防止PP
プロセスタ帯電防止PP

課題

icon_j01.png

電子部品を製造する工程で、原材料にスクリーン印刷を行います。大量生産のため、スクリーン印刷と版のクリーニング工程を製造ラインに組み込んでおり、いかに短時間で版を清掃できるのかが重要となります。

スクリーン印刷の版にはインクの「液溜まり」が起き易く、除去する作業により生産性や印刷精度がおちる課題がありました。

版の清掃には他社の粘着付きフィルムを使用しておりましたが、粘着力が弱すぎると「液溜り」が十分に除去できなかったり、反対に強すぎると版を巻き込んだりしてしまう問題が発生します。何か良い改善方法がないか相談をさせてもらいました。

提案商品

icon_j02.png
  • プロセスタ

「液溜まり」を綺麗に除去しながらも、版の巻き込みのない仕様の粘着フィルムを探すため、何種類かのサンプルを検証し、トライ&エラーを繰り返しながら、進めていくことをご提案させていただきました。

プロセスタ商品画像
プロセスタ商品画像

導入後の効果

icon_j03.png
プロセスタ帯電防止PP
プロセスタ帯電防止PP

時間はかかりましたが、精密部品を印刷する版の薄さに対して、最適なバランスを持つ粘着フィルムを見つけることができました。これにより、効率よく「液溜まり」を除去し、印刷精度も維持することができました。生産性の向上にもつながり、満足しています。

桜井だからできること

icon_j04.png

粘着フィルムは被着体の基材との相性も非常に重要となります。多数の粘着製品を扱ってきた実績と経験から、様々な基材や粘着剤を組み合わせる事で、お客様のニーズにお応えすることができます。

お問い合わせ・商品詳細・見積り
工程材料商品ページ